タイ語フォントと日本語フォントの混在表示比較

記事更新 2009.2.20

OS:Windows Vista
ソフト:鍋田タイ語ローマ字入力テキストエディタ(nabetaeditth)
全てのフォントのサイズは16。
GarudaとNorasiは日本語フォントを含んでいないので日本語部分は他のフォント。

タイ文字と日本語文字を同時表示させた場合、タイ文字が日本語文字に対して小さくなりすぎる場合が多い。
ただしフォントによって程度はかなりの差があります。
Arial Unicode MSや、Bitstream CyberBitは比較的タイ文字が大きく表示されます。
Arial Unicode MSはタイ文字と日本語文字のサイズのバランスが取れていて、表示の問題も無い(使うソフトによる?)ような気がします。
大きくタイ文字が表示されればそれがいいかというと、そうでない場合がありタイ文字の上部や下部がソフトによっては欠けて表示できないことがあります。
例えば、CyberBitはタイ文字が大きく表示されすぎて多くのソフトで上部が欠けて見えずタイ語フォントとしては用を足さないと思います。
下の画像でもCyberBitでは声調記号が欠けて見えていません。


CyberBitフォントダウンロードサイト(Cyberbit.zipを解凍したCyberbit.ttf)
ftp://ftp.netscape.com/pub/communicator/extras/fonts/windows/

「Arial Unicode MS」という日本語とタイ語を含む外国語フォントを同時表示できるマイクロソフトのフォントがありますが、昔、MS Office 2000に添付されていたもので、標準のWINDOWS 95/98/XP/Vistaには含まれていません。
合法かどうか、ライセンス的にどうかは知りませんが、arialuni.ttf.bz2 や fonts-ttf-arialuni-0.2.tar.bz2でyahooやgoogleなどで検索すればbzip2圧縮されたArial Unicode MSフォントがダウンロードできる可能性があります。
Arial Unicode MSフォントは韓国語、中国語、タイ語などたくさんの言語を同時表示できます。


メール
jb6m-oob@asahi-net.or.jp

鍋田タイ語ローマ字入力テキストエディタ
鍋田ローマ字入力韓国語テキストエディタ
鍋田ロシア語ローマ字入力テキストエディタ
トップページ

リンク
鍋田辞書(ローマ字入力タイ語IME内蔵の辞書ソフト)

WEBタイ語エディタ(ローマ字入力)
WEBタイ語エディタ(直接入力)
WEBタイ語タイピング練習器改